第15回 環境・設備デザイン賞 受賞

日本デコラックス本社事務所

加藤設計の設計した日本デコラックス本社事務所が「第15回環境・設備デザイン賞 第Ⅱ部門 建築・設備統合デザイン部門」に入賞致しました。

第15回環境設備デザイン賞

環境・設備デザイン賞においては、建築設備分野において従来あまり意識されることのなかった審美性などの「感性」に関する要素に焦点をあて、これに「機能性」「経済性」と環境問題も視野に入れた「社会性」を加えた4つの評価軸により、総合的かつ客観的に評価されます。その中でも「第Ⅱ部門 建築・設備統合デザイン部門」は、設備と調和・統合して計画された建築を評価する部門です。日本デコラックス本社事務所では、外断熱の導入による外皮性能の向上に空調システムへの井水活用、積極的な自然採光を導入した上での照明設備の高効率化など、建築と設備を一体化させることで省エネルギー化を実現した環境建築となっています。


▲日本デコラックス本社事務所 外観

▲導入技術

■日本デコラックス本社事務所に関するリンク

■環境・設備デザイン賞(Environmental and Equipment Design Award)

主催:一般社団法人 建築設備綜合協会
http://abee.or.jp/designaward/